International Awards Blog

スティービー・アジア・パシフィック賞のある審査員によると、競争がより激しくなっているそうです

Posted by Clara Im on Tue, May 03, 2016 @ 06:30 AM

リチャ・ラモラ( Richa Ramola)氏はインド・ムンバイラディウス・グローバル・ソリューション(Radius Global Solutions)の人事管理副会長です。2016年スティービー・アジア・パシフィック賞のより活動的な審査員のうちの一人として企業、経営、HR、カスタマーサービス、クリエイティブカテゴリーの審査を行いました。2016年スティービー・アジア・パシフィック賞の結果はこちらをご覧ください。

リチャ氏に審査、スティービー・アジア・パシフィック賞に対する考えと最も興味深かった点について質問しました。

1604RadiusGS.jpg2016年スティービー・アジア・パシフィック賞の審査は有益な経験だったということでした。「私はこの賞の審査を楽しみました。参加者によって共有される多くの学びや革新は、異なる国の様々な組織で行われている知的プロセスと仕事に対する深い理解があってこそ可能になります。」

2017スティービー・アジア・パシフィック賞の審査員になりたいとお考えの方は、こちらでお申し込みください。

今年、様々なカテゴリーにおいて審査を行ったリチャ氏に2016年スティービー・アジア・パシフィック賞のエントリーについて全体的な印象をうかがいました。「誰もが切望するこの賞のために組織が互いに競い合うのを目にすることができましたし、特に今年はより多くの応募がありました。競争は更に激しくなっているのです!」

今年の審査員はカテゴリーグループと言語を基準として構成された様々な委員会に分けられました。スティービー・アジア・パシフィック賞に参加した審査員も競い合いました。そのうち二人は5月末にオーストラリアのシドニーで開催される授賞式のペアチケットを獲得できます。リチャ氏はその候補者の一人になることを期待しています。「シドニーはとても美しい都市ですから、訪問することを願っています。そして授賞式に参加することは私を更にワクワクさせるでしょう。」

リチャ氏はアメリカ・ペンシルベニア州のアンブラーに本社があるラディウス・グローバル・ソリューションのムンバイ事務所で働いています。同社は近い将来、アジア太平洋地域で事業を拡大することを望んでいます。

リチャ氏はラディウスの人事管理副会長として自身の仕事に誇りを持っています。彼女は「人は私たちにとって最も大切な資産であり、人事部は社員が毎日仕事を楽しむ文化をつくるために重要な役割を担っています。人材を開発し、職場で成長するのを見ることは私を幸せにしてくれるし、社員が働くことに喜びを感じて成長する職場の文化を構築するよう後押ししています。」

 

リチャ・ラモラ氏について

リチャ氏はラディウス・グローバル・ソリューションのインド支社の人事管理副会長です。ITCホテル、SITEL、IBMなどの有名企業において19年間の勤務経験があります。彼女はカスタマーサービス、運営、品質、教育、人事管理などを含む様々な分野で業務を行ってきました。

現在はインド支社において人事戦略を推進する責任を担っていますが、成功に導いています。また、上級管理者のビジネスパートナーとして最善の運営を共に追求し、人事支援、指導、助言しています。人事慣行、政策、プログラムの開発、実行、意思伝達を含むインド支社の人事に関することすべてを総括しています。

ラディウス・グローバル・ソリューションについて

アメリカ・ペンシルベニア州のフィラデルフィアの近くに本社を置き、売上債権、顧客管理、収益サイクル管理ソリューション分野におけるリーディングカンパニーです。革新の原則をもとに設立されました。同社は最高の人材を引きつけ、進歩的な企業文化によってエンパワーメントし、次世代技術でそれらを可能にしました。同社はコンプライアンスの最前線にいます。絶えず変化していく規制環境に適応するために具体的で測定可能なメリットを顧客に提供しています。この業界での1世紀以上の経験によって、信頼できる一貫したサービスを提供する知識と専門性を持っており、顧客の期待に値する結果を提供しています。

詳しくはwww.radiusgs.com/をご覧ください。

Topics: judging, The Stevie Awards, awards judging, Asia-Pacific Stevie Awards, Stevie Awards Judge, スティービー・アジア・パシフィック賞, 審査員, judge