International Awards Blog

フィリピンのメディア企業 ABS-CBN、スティービーアワードのグランドスラムとともに60周年を記念する

Posted by Clara Im on Tue, Feb 24, 2015 @ 03:48 AM

フィリピンのケソン市、ABS-CBNの会長兼CEOであるチャロ・サントス・コンシオ(Charo Santos-Concio)2014ビジネス女性大賞においてアジア、オーストラリア、ニュージーランド地域、今年の女性役員の金賞を受賞しました。 また2014アジアパシフィックスティービーアワード の経営部門においてもスティービー金賞を受賞しました。ABS-CBN自体も2014年アジアパシフィックスティービーアワードの大賞を受賞しました。

アジアパシフィックスティービーアワードの2015年最終エントリーの締め切りは311日です。こちらで応募要項をご確認ください。

2015年国際ビジネス大賞早期エントリーの締め切りは415日です。こちらで応募要項をご確認ください。

 

1502ABS-CBN-1

ABS-CBNは2013年に最も適切な方法で最高となり60周年を祝いました。60年前にテレビ時代が始まって以来、フィリピンで最も大きく業界をリードするこのマルチメディア複合企業は産業の先駆者としての役割を忘れていません。絶えず改善を追求し、2013年には世界各国に住むフィリピン人のためにより良いサービスを見つけ出したのです。

チャロ・サントス・コンシオがメディア分野でアジアにおいて最もパワフルな女性として浮上したことは偉大なサクセスストーリーとなりましたが、より注目すべきはすでに根を下ろしていた会社をどのようにして更に高い地位に導いたかということです。映画ファンから出発し賞を受賞した女優、プロデューサー、メディア役員へと変貌を遂げ、ABS-CBNの会長兼CEOとして戦略を概念化してABS-CBNを次元の違う創造性、リーダーシップ、革新、献身で導くソリューションを開発しました。

サントス・コンシオに2014年スティービーアワードのグランドスラムを達成したことが実際にABS-CBNにとってどのような意味を持つのか、また会社のための未来計画、アジアパシフィックスティービーアワードについての見解など彼女の考えを聞いてみました。

 

フィリピンの人々にインスピレーションを与え、情報を伝え、動機を与える

「今年の企業としてスティービーアワードを受賞したのはABS-CBNがコンテンツ企業というだけでなく、視聴者の生き方を変えることができるコンテンツを生産する企業であるという証拠です。当社の番組は視聴者の気分をより高め、彼らに声を出させ、挑戦に対してどう反応すればいいのかを示し、障害を乗り越えるキャラクターと共にアイデンティティを作りあげる真の変化の瞬間を提供しています。当社のコンテンツはフィリピンの人々にインスピレーションを与え、情報を伝え、動機を与える公共サービスの形態をとっています。」

公共の信頼

「受賞したことは、組織として何が大切なのかということを現してくれます。当社の基本的価値観であるチームワークとサービス指向に重要性を付与した結果受賞したことは、より向上するよう激励してくれたし、当社が正しい軌道の上にいることを教えてくれたのです。」

「最も重要だったのは、受賞することによって運営の中心に公共サービスを置いている当社の機関に対する信頼度が高まったということです。当社はプログラムとプロジェクトを通じて、主に信頼を土台として視聴者との関係を形成しています。スティービーアワードからの名声ある認定とともに、一企業として視聴者が与えてくれる信頼を受けるに相応しい価値があるということを再確認しました。大衆はABS-CBNがフィリピン人のためのサービスに焦点を合わせて存在するだろうということを確信することができます。」

画期的なテレビ視聴経験

今後のことについて、ABS-CBNが新年を迎えて顧客の経験を如何に向上させていくつもりなのか質問しました。「地上デジタルテレビ(Digital Terrestrial Television)、つまりDTTの運営開始に伴って、2015年はABS-CBNとフィリピン放送産業の重要な年として記録されるでしょう。DTTは顧客に画期的なテレビ視聴の経験を提供するのです。」

「ここ数年フィリピンの視聴者は、今見ているものがテレビの品質の全てであると思って、十分でないアナログ受信と映像品質をセッティングしなければなりませんでした。当社のDTTサービスでは、視聴者が従来のチャンネルを視聴する際にくっきりしたデジタル映像と音で配信し、家族全員のニーズや欲求を満たすことができるように更に4つのチャンネルを追加して提供することができます。」

浮上した市場

「2015年は、コンテンツバイヤーのために浮上してきた市場である中央アジアや南東ヨーロッパのような新たな地域に当社のコンテンツとドラマ番組の供給を決定したことによって、楽しい一年になると思います。過去3年間は東南アジア地域、特に当社のドラマ番組のフィリピン人以外の熱心な視聴者が増えたベトナム、マレーシア、カンボジアで認知度が上がり、とてもやりがいがありました。」

様々な配信システム

「当社は地域的、国際的にABS-CBNの様々な配信システムに影響力を及ぼしています。ABS-CBNはフィリピン視聴者に便利さとオンライン、モバイル、IPTVプラットフォーム全般に渡って強力なコンテンツに接続する選択権を提供しています。特別に各プラットフォームを狙ったワンプログラムによって提供される当社のコンテンツを強化しています。」

「当社のドラマ番組は人々に影響を与え、実際の社会的問題を扱う強力な内容、そしてフィリピン人俳優たちが演じるキャラクターのステラパフォーマンスによりオリジナリティがあります。俳優たちは構成要素を伝達し東洋から西洋まで広いスペクトルの視聴者の心に入りこんで影響を与えます。」

会社の評判を上げる

アジアパシフィックスティービーアワードがABS-CBNのような会社にどのように役立っているのか聞いてみました。その答えは肯定的なものでした。「アジアパシフィックスティービーアワードはちょうど良いタイミングで訪ねてきてくれました。ABS-CBNは他の国々に電波に乗って現地化しているコンテンツやドラマ番組と共に、アジア太平洋地域で有名になりつつあります。当社は何年もの間この地域で名声を得てきており、2014年の審査でスティービーアワードの大賞を受賞したことは当社の評判を上げるために役立ち、当社のサービスと作品に対する認識をより高めてくれました。」

生き方を変える

私たちは個人的に何が彼女の仕事に最もインスピレーションを与えるのか共有したいとお願いしました。「それは仕事をするにあたって常に楽しめるようビジネスを変えていく力です。コンテンツがインスピレーションを与え、情報を伝え、動機を与えてくれるだけでなく、フィリピン国内と海外に住むフィリピン人の生き方を変えていく限りない可能性があるということを伝えながら、視聴者に新しい何かを提供することを期待しています。私が前進できるのは、世界のどこにいようとフィリピン人に最高のものを見せようという思いであり、そうすることで一つの国家として輝くことができるのです。」

フィリピンの人々に対する60年間の献身的なサービスの後、ABS-CBNは次の60年を見据えています。

 

チャロ・サントス・コンシオ(Charo Santos-Concio)について

チャロ・サントス・コンシオはABS-CBN企業の会長兼CEOで、利益率、全国視聴率、年間プログラム編成戦略、顧客発掘に責任を持っています。彼女の指揮と影響は無料テレビから映画、音楽、スターの売り込み、ライブイベント、特にデジタルメディアなどあらゆるプラットフォームに及んでいます。1978年にアジア映画祭で主演女優賞を獲得した映画Itimでデビューし、女優としてメディア業界でのキャリアを出発しました。またラインプロデューサー、プロダクションマネージャー、総括制作者として働き、多くのプロダクションスタジオで180本の映画制作に携わりました。また、多くの業界アワードで受賞しました。マニラのセントポール大学でコミュニケーション芸術の学位を取得し、優秀な成績で卒業しました。

ABS-CBNについて

フィリピンで最も大きなマルチメディア複合グループであるABS-CBNは、無料TVとケーブル、人工衛星TVチャンネルで放送されるエンターテイメントやニュースプログラムを生産しています。フィリピンの映画、音楽プロダクションであり、流通グループであるスターシネマとスターレコードを所有しており、印刷・出版、ライブイベント、キャラクター商品を含む様々な事業を展開しています。

Topics: stevie awards, Asia-Pacific Stevie Awards, ABS-CBN, アジアパシフィックスティービーアワード