International Awards Blog

第4回スティービー・アジア・パシフィック賞エントリー開始

Posted by Clara Im on Mon, Nov 07, 2016 @ 05:46 AM

新たな受賞カテゴリー、イノベーションに焦点を置く 

アジア太平洋の全地域にわたり、ビジネス界の「イノベーション」を評価する唯一のビジネス賞プログラム、2017(第4回)スティービー・アジア・パシフィック賞のエントリーの受付を開始しました。

こちらで応募要項をご覧ください(PDF)。

Asia-Pacific Stevies 2016.jpgニューヨーク・ポストが「ビジネス界のオスカー賞」と称する「国際賞」を運営するThe Stevie Awards(www.StevieAwards.com、本社:アメリカ・ワシントンDC)がアジア太平洋地域22か国の企業/団体のために始めたもので、2014年にソウル、2015年に上海、2016年にシドニーで授賞式が行われました。授賞式にはアジア太平洋地域の優れた企業/団体から200人以上のCEOやエグゼクティブが集まり、スポットライトを浴びました。

エントリーは7か国語(韓国語、マレー語、英語、インドネシア語、日本語、中国語、タイ語)での応募が可能で、審査を受けることができます。応募できるカテゴリーは経営者企業/団体PRマーケティングWEBサイト情報技術(IT)カスタマーサービスライブ・イベント人事(HR)年次報告書&出版物など12の大きなカテゴリーがあり、7か国語に対応しているホームページ(www.Asia.StevieAwards.com)で詳細をご覧いただけます。

エントリー料が割引される早期エントリーの締切りは11月30日です。一般の締切りは2月8日で、それ以降は遅延料を支払って4月5日まで応募できます。

エントリーに対する審査は2月から4月まで世界各地の100人以上のエグゼクティブによって行われます。ゴールド、シルバー、ブロンズ受賞者は4月19日に発表され、受賞者は6月2日に東京で開催される授賞式で表彰されます。過去3年間にシスコシステムズ、クロックスシンガポール、デルタ航空、DHLエクスプレス、フォードチャイナ、グローブテレコム、メットライフアジア、ソニー、テルコムインドネシア、ロエンエンターテインメント、ソウル市庁、イエロモバイル、韓国電力公社、現代製鉄など、アジア太平洋地域の優れた企業/団体がスティービー・アジア・パシフィック賞を受賞しています。

現在、スティービー・アジア・パシフィック賞のための審査員団を構成中です。審査員として参加を希望する各産業界の専門家はホームページから申し込むと、The Stevie Awardsの承認を受けることができます。

 

スティービー賞について

スティービー賞はスティービー・アジア・パシフィック賞(Asia-Pacific Stevie Awards)、スティービー国際賞(The International Business Awards)、スティービー女性賞(Stevie Awards for Women in Business)、スティービー・セールス&カスタマーサービス賞(Stevie Awards for Sales & Customer Service)、スティービー・グレート・エンプロイヤー賞(Stevie Awards for Great Employers)、アメリカン・ビジネス賞(American Business Awards)、ドイツ・スティービー賞(German Stevie Awards)の7つのプログラムを運営しています。スティービー賞は毎年60か国以上から1万を超える企業/団体が応募しています。あらゆる業種、規模の企業/団体やそれを率いる人々を称え、その優れた業績を評価しています。スティービー賞についての詳細はwww.StevieAwards.comをご覧ください。

Topics: The Stevie Awards, Asia-Pacific Stevie Awards, スティービー・アジア・パシフィック賞, スティービー賞