International Awards Blog

フリーランスのニーズを満たすスティービー賞受賞者

Posted by Clara Im on Mon, Mar 20, 2017 @ 01:05 AM

フリーランサー社は世界最大規模の利用者とプロジェクト数を保有するフリーランス及びクラウドソーシングのマーケットプレイスです。同社は第13国際ビジネス賞において市民が選ぶ最高の企業で2つのスティービー賞を受賞しました。フリーランサーの国際ディレクターであるセバスチャン・シセル氏にいつから、どのようにスティービー賞と関わってきたのか、そして受賞した感想を聞きました。

2017年国際ビジネス賞のエントリーは21に開始されました。こちらからエントリーキットをお申し込みいただくと、Eメールで送信いたします。

Freelancer 1.jpg「2012年に初めてスティービー賞を知ったときのことが思い出されます。当時、有名なメディアを通してIBAの受賞者を発表していました。世界最高の権威ある組織やリーダーの業績を評価していたので、その授賞式の重要性をすぐに理解することができました。翌年の2013年、当社も優れた会社に成長したため応募することにしました。その年に最初のスティービー賞を受賞したのです。」

Freelancer.comは年中無休で世界中の雇用主とフリーランサーをつなぐ中心地になっています。

「Freelancer.comは世界最大規模の利用者とプロジェクトを保有しているフリーランスとクラウドソーシングのマーケットプレイスです。当社は247の国、地域、テリトリーから、2,300万人の雇用主とフリーランサーをつなげています。当社が提供するマーケットプレイスで工学、科学、営業、マーケティング、会計、法律サービス業界の雇用主はソフトウェアの開発、記録、データ入力、デザインといった900以上の分野のフリーランサーを雇用することができます。」と説明してくれました。

セバスチャン氏はビジョンについてその重要性を強調します。Freelancer.comのビジョンは世界中の少なくとも10億人の人々に仕事を提供し、その生活に変化を与えることです。例えば、フィリピン政府の科学技術省と提携し、雇用の選択肢が限られている農村部の人々にオンラインでフリーランサーとして仕事をする機会を拡大させました。

また、「現在マレーシア政府のマルチメディア開発企業とパートナーシップを維持しつつ、マレーシアのB40(所得階層の下位40%)の地域社会に教育を提供しています。」と話していました。

最近ではマレーシアで最初のトレーナー研修プログラムを終了しました。このプログラムはマレーシア全域で貧困層のオンラインによる求職活動を支援する50人のトレーナーを対象に教育するものです。

Freelancer.comは世界的な成功を収めています。セバスチャン氏は初受賞当時を振り返りました。

「受賞したとき、Freelancer.comのユーザー1,500万人というマイルストーンを達成、電子書籍発行して利用者のコミュニティで感謝えたかったのです。: https://issuu.com/freelancercom/docs/15mm_ebook

また、スティービー賞受賞の重大性に言及しました。

「受賞することはいつでも名誉なことです。また、チームで努力したことすべてを評価する機会となります。授賞式に参加するだけでも非常に嬉しいことですが、私たちは常にスティービー祭典の一員としてネットワーキングを拡大する努力をしています。」

「受賞したことを利用者コミュニティで知らせるといつも祝福してくれます。このような機会を通じて、利用者は当社に対する信頼をさらに強固にしていくようです。彼らは常に当社がノミネートされた情報についてよく知っていて、当社に投票することを望んでいます。」

セバスチャン氏はスティービー賞受賞の結果を強調しました。

 「過去3年間の受賞によってFreelancer.comは広く知られることになり、ユーザー獲得につながったのです。各賞の受賞によってフリーランス業界における当社のリーダーシップが強化されたのですが、特に市民が選ぶ最高の賞の影響が大きかったと思います。」

「以下は2015年以降のスティービー賞受賞に関するプレスリリースです。」

フリーランサーの仕事は急激に増加しています。セバスチャン氏は成長分野についての展望を示しました。

「起業家精神と求職者の好みを拡大する機会は、オンラインフリーランサー及びクラウドソーシング産業の変化を促しています。世界中で利用者が増加しているように(現在約2,300万人)、オンラインでフリーランサーを雇用する企業や起業家が増加する傾向にあり、自身の専門分野でサービスを提供する熟練した専門家も徐々に増えています。」

セバスチャン氏は業界の傾向について詳しく説明しました。「中小企業から大企業まで、雇用主がクラウドソーシングを通じてフリーランサーと協力する場合が多くなっています。代表的な例はNASAとフリーランサー社のパートナーシップです。雇用主はFreelancer.comのコンテストを通じて最高のアイデアをクラウドソーシングするだけでなく、遠隔コラボレーションで世界各地のフリーランサーと仮想チームを構成しています。例えばラテンアメリカのグラフィックデザイナー、アジアのWeb開発者、北米のインターネットマーケティング担当者を雇います。このようなフリーランサーは場所を問わず一つのチームとして協力しているのです。当社は以上のような理由で利用者コミュニティの進化するニーズを満たすための方法を絶えず模索しています。」

最後に、Freelancer.comに関してブログの読者にインスピレーションを与えるようなストーリーがあるか聞いてみました。彼は1500万の利用者の生活をFreelancer.comがどのように変化させたのかを記録した電子書籍のアドレスを教えてくれました。 https://issuu.com/freelancercom/docs/15mm_ebook

次に最近のフィリピンでのエピソードです。

Topics: The International Business Awards, 国際ビジネス賞, People’s Choice Stevie® Awards, 市民が選ぶ最高の企業

アジアのトップ企業が、2014年アジア太平洋地域スティービーアワードに選出される

Posted by Maggie Gallagher on Tue, Apr 29, 2014 @ 10:14 AM

 最新のスティービーアワードプログラムの大賞受賞者の表彰式は530日にソウルで開催

米国バージニア州フェアファックス--(Marketwired - 2014年4月29日) - アジア太平洋地域全体の企業の達成内describe the image容を表彰する唯一のビジネスアワードである新しいアジア太平洋地域スティービーアワードが、本日発表されました。スティービーアワードの金賞、銀賞、および銅賞の受賞者の一覧は、http://Asia.StevieAwards.comにあります。

スティービーアワードは、世界有数のビジネスアワードと考えられており、国際ビジネス大賞やスティービー ビジネス女性大賞など、過去12年間にわたって職場での達成内容を表彰してきました。アジア太平洋地域スティービーアワードは、7年間ぶりに新設された新しいスティービーアワードプログラムです。

スティービーアワードの授賞式は、5月30日(金)に韓国ソウルのロッテホテルの大広間で行われ、受賞者の紹介が行われます。イベントのチケットは現在発売中です。.

スティービーアワード受賞者の中には、次のような企業があります。

  • AirAsia Berhad (マレーシア)
  • Billabong International Ltd (オーストラリア)
  • 株式会社ファーストリテイリング (日本)
  • 華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ) (中国)
  • 現代製鉄 ( 大韓民国)
  • Yoma Strategic Holdings Ltd (シンガポール)

アジア太平洋地域22か国のすべての企業に応募資格がありました。今年は300社以上がノミネーションされ、審査されました。

世界各国の50人以上のエグゼクティブが第一次審査に参加し、スティービーアワードの金賞、銀賞および銅賞の受賞者を決定しました。5月第1週から始まる第二次審査では、わずか一握りのスティービーアワード受賞者が選出される予定です。

スティービーアワードのトロフィーは、オスカーなどの大きな国際賞を作っている会社によって制作されており、世界でも特に著名な賞です。

アジア太平洋スティービーアワードについて詳しくはhttp://Asia.StevieAwards.comをご覧ください。

スティービーアワードについて
スティービーアワードには、全米ビジネス大賞国際ビジネス大賞スティービー ビジネス女性大賞スティービー セールス&カスタマーサービス大賞アジアパシフィック スティービーアワードの5つの褒賞プログラムがあります。企業・団体の種類や規模を問わず、特に対象者の資格を限定せずに、スティービーアワードでは、世界各国の職場における優れた業績を表彰しています。スティービーアワードについて詳しくは、www.StevieAwards.comをご覧いただくか、Stevie AwardsのTwitter @TheStevieAwardsをフォローしてください。

Topics: ビジネス賞, アジア太平洋スティービーアワード, 国際ビジネス賞