企業はなぜカスタマーサービスの自動化に投資すべきなのか

Posted by Clara Im on Thu, Sep 24, 2020 @ 11:39 AM

を見回してみてください自動化はどこにでもあります空港での手荷物預けからピザの注文ホテルの客室予約、病院の診療予約まで、人口知能は世界中で利用されていますカスタマーサービスも同じです。専門家たちは、今年の年末までにすべての顧客対応の85は人間の手を借りず行われるようになるだろうと予想しています。

 

カスタマーサービスの自動化は、反復的な手作業に対する人材投入を根本的に減らし、時間と労力を節約させ、究極的には金銭的資源を節約します。これは、人とのいかなる接触も必要なく、顧客が質問をし、その場で質問に対する答えを聞けるようにするプロセスの追加を意味します。お客様は少しの労力を費やすだけで解決策を得られるので、これはとても効果的な方法だと言えます。

 

カスタマーサービスの自動化により、背後関係や2次的な説明の必要性がなくなり、面倒なく問題の核心にたどり着くことができます。これは小売業者、メーカー、ITプロフェッショナル、そしてSaasマーケティングエージェンシーですら潜在的な応用事例があるので、業界による制限はありません。

 

自動化されたカスタマーサービスをあなたの組織に統合したいですか?あるいは、その用途について周りの人に説得しなければなりませんか?Ring Centralがサポートします。あなたのビジネスがカスタマーサービスの自動化に投資すべき理由がここにあります。

 

Source - Finances Online

Source: Finances Online

 

AIなら問題を先取りできる

自動化によって、人間では実現不可能なレベルの対応ができるようになります。そう遠くない将来、仮想アシスタントは人々がビジネスとどのようにコミュニケーションをとるのかを理解し、そのデータを利用して顧客の旅程全体を案内することにより、顧客が何を望んでいるのかを知ることができるようになるでしょう。

 

AIアシスタントは顧客ベースを構成する人を把握し、本人ですら何を必要としているかを認識していないうちに、彼らが望むものを提供するでしょう。AI内蔵システムは無数のウェブサイトとデータセットをモニタリングして、苦痛の指標とカスタマーエクスペリエンスを妨げるものを識別します。その次に、様々なプラットフォームで動作するポップアップや仮想サービスエージェントを介して即座に応答することができます。

 

このような先制的な問題解決は、一方では顧客の満足度を向上させると同時に、購買サイクル内における顧客の離脱率を大幅に下げることができます。

 

このような形の先制的な問題解決を「意図予測」といいます。これは顧客がどこから来たのか、次にどこに行くべきで、そこに到着した時に何が必要なのかを把握するための一つのアルゴリズムです。クリック、スクロールの速度、表示、購入履歴などの入力事項は、意図を決定し、適切な種類のサポートを選択するデータに変換されます。

 

例えば、その技術はウェブ活動に基づいてパターンを認識し、顧客からの電話を正しいエージェントや部署に案内することができます。意図予測により、カスタマーサービスチームが必要とされる正確な地点に、彼らがいられるようになります。

 

24/7 365

AIを活用したカスタマーサービスを提供する組織は、休業日、病気の日、または時間帯の制約なく、顧客からの問い合わせを毎日いつでも処理できるということを意味し、顧客は応答を待つ時間がなくなります。待ち時間がないということは、顧客満足の向上につながるため、顧客離れが少なくなります。また、これはブランドの顧客献身を証明しており、信頼と評判への重要な要素となっています。

 

や繰り返しが不要

スタッフの採用と教育はコストがかかり、時間がかかるプロセスです。アメリカの顧客コールセンターのオペレーター採用には$4,000以上の費用がかかり、コールセンターの人材管理ソフトウェアシステムでスタッフを教育するのに$5,000以上の費用がかかる可能性があります。事務用品やオフィス、その他の事務費用を気にする必要もありません。

 

自動化ソリューションは、コールセンターにおける一般的な問題である費用と空間問題の両方を解決してくれます。 AIはチームメンバーが顧客にサービスを提供し、業務の満足度を高めるのに必要な資源を提供することができます。

 

例えば、オートダイヤラーは特定の通話に必要なもの全てをオペレーターに提供できます。同時に、コンピュータテレフォニー統合ソフトウェアでは、すべてのデータを一つのダッシュボードにリンクして可視化することで、顧客の問い合わせに対応するのに役立つ数多くの方法をオペレーターに提供することができます。これらの機能は、Ring Centralがスティービー賞を受賞した理由の一部に過ぎません。

 

全スタッフを再教育し直すのではなく、ソフトウェアを再構成することで他のすべてを自動化することができます。さらに、AIを活用したカスタマーサービスプラットフォームは、面倒で退屈な作業から従業員を解放し、困難な顧客の問題により集中し、創意的でダイナミックなソリューションを考えることを可能にします。

 

Source - SuperofficeSource: Superoffice

 

より簡単なパーソナライズの方法

ビッグデータ、機械学習、AIを組み合わせることで、企業は顧客のパーソナライズレベルを作り上げることができます。これは過去の購入履歴を利用して新製品を提案するというような簡単なものから、ユーザーのブラウジング習慣と読解力に合わせてリアルタイムに配置された、詳細なウェブサイトのレイアウトのように複雑なものまであります。

 

この種のパーソナライズにより、カスタマーエクスペリエンスが向上します。これは、リピート購入はもちろんのこと、コンバージョンを促します。AIと自動化はまた、顧客の購入履歴、検索選好度、ビジネスでの過去の経験を理解することにより、人間のスタッフが話をしている相手に関するより多くの背景的な情報を提供してくれます。このような情報を得ることにより、サービスのプロフェッショナルは、顧客に対してより良い、よりカスタマイズされたサービスを提供することができます。

 

保証された信頼性

AIを活用したカスタマーサービス技術は、人間と肩を並べることのできないレベルの信頼性を実現します。チャットボットは、人間が持ちうる所属意識や偏見を持ちません。またチャットボットは遅刻することもなく、顧客に対して苛立ったり、不適切な冗談を言ったりもしません。

 

また、適切なサービスを提供していない場合には、問題を人間の管理者に報告するように設計することもできます。これにより、顧客サービスの相互作用が改善します。これは再取引を促す最も良い方法の一つです。

 

問い合わせが人間のオペレーターに報告されると、過去の通話データを瞬時に処理し、顧客が説明を繰り返さずとも中断された場所から作業を引き継ぐことができます。またサイロ化した情報や別のデータベースは必要ありません。仮想アシスタントと連携するカスタマーサービスオペレーターは、一貫性があり、信頼性が高く、フレンドリーなサービスを提供することができます。

 

Source - Artificial solutionsSource: Artificial solutions

 

スピーディな拡張能力

AIを活用した技術は、リソースが限られている場合(パンデミックのように)でも、企業は簡単かつ迅速に顧客サービスを拡張または縮小することができます。新製品やサービスをリリースする際、企業は人の手を介さずとも無数の顧客からの問い合わせを処理できるFAQやビデオベースのソリューションを公開できます。

 

チャットボットは、問い合わせが殺到している状況下でも顧客の問いに容易く対応でき、あらゆるやり取りから学び、成長することができます。企業は制約なしに、そこで必要とされる言語を話せるスタッフを大量に雇って、教育する必要なく、新しい市場に参入することができます。従業員がどこにいても、どこで仕事をしていても関係なく、会社は従業員とつながった状態を維持することができます。

 

AIは人間のチームに代わるものではなく、彼らをサポートするためのものです。膨大なデータを編集して、読みやすく、実行しやすい形式で提供できるため、究極的には顧客の利益となります。これは、仕事をよりスマートに、難しくすることなく、これからのカスタマーサービスの姿を変えました。

 

John AllenグローバルUCaaSおよびVoIPプロバイダRing Centralの取締役であり、グローバルSEOを務めています。彼は14年以上に渡って、デジタルマーケティングプログラムの構築と最適化に対する幅広い経験を持っています。MarketScaleE-Spiritなどのウェブサイトにも寄稿しています。

 

Ring Central2020スティービー・アジア・パシフィック賞の人事(HR)管理/企画/実行のイノベーション部門でゴールド・スティービー賞を受賞しました。

 

Topics: business awards, Asia-Pacific Stevie Awards, スティービー・アジア・パシフィック賞, スティービー賞

Stevie®Awards 第17回International Business Awards®のスケジュールを改訂

Posted by Clara Im on Wed, Apr 22, 2020 @ 04:16 AM

COVID-19終息かう応募期限を延長

The International Business Awards®の主催者であるStevie®Awardsは本日2020年(第17回)のスケジュールをCOVID-19パンデミックのため改訂したと発表しました。

International Business Awards、世界れたビジネス表彰コンテストと広くみなされています 2019のコンテストでは70か国以上の組織から4,000件を超える応募がありました。

「私たちはCOVID-19パンデミックの影響けているの応募提出に多少の時間を提供するため、締切を少し延ばす必要があると判断致しました。」とStevie® Awardsのマギー・ギャラガー社長は述べました。

エントリーキットを確認する(英語)

2020 International Business Awards®のスケジュールの変更点は、次のとおりです。

  • 当初513とされていた応募締めりは624に変更されます
  • 遅延料金を支払って応募できる締切は617から728に変更されます。
  • 世界中250人を超える専門家の審査員による審査は、6月下旬に開始され831日まで行われます。
  • Stevie®Awardsのゴールドシルバーブロンズ受賞の発表は、当初811日の予定でしたが、99日に発表される予定です。

IBA schedule change

Stevie® Awards 受賞者が表彰される第17International Business Awards®の表彰式は、現在の所まだ10月24日にフランスのパリで開催の予定です。

2020年のInternational Business Awards®は、2019年初めからのさまざまなカテゴリーの組織、チーム、および個人の業績を表彰します。エントリーの詳細はwww.StevieAwards.com/IBAをご覧ください。

マギー・ギャラガー社長は、International Business Awards®には、35の年間最優秀企業/組織カテゴリーのすべて含むエントリー料金が不要な40を超えるカテゴリーがあり、以下を含む2020年のInternational Business Awards®の新しい機能や改訂された特徴を強調しました :

  • 企業の業績回復ファイナンス収益創出、科学技術などの分野での卓越したビジネスの成果を評価する9つの新しいカテゴリー。
  • 会社/組織、企業広報、広報、マーケティングおよび新製品およ製品管理のカテゴリーの応募について提出要件簡素化。

スティービー賞について

スティービー賞はアジア太平洋スティービー賞ドイツスティービー賞、中東スティービー賞アメリカビジネス賞®国際ビジネス賞®、優れた雇用主のためのスティービー賞、女性のためのスティービービジネス賞、販および顧客サービスに関するスティービー賞の8つのプログラムで授与されていますスティービー賞のコンテストには70か国以上の組織から毎年12,000件以上のエントリーがありますスティービー賞はあらゆる種類と規模の組織とそれを支える人々を称え、世界中の職場における傑出したパフォーマンスを表彰しますスティービー賞の詳細についてはhttp//www.StevieAwards.comをご覧ください

Topics: International business awards, The Stevie Awards, The International Business Awards, スティービー賞, 国際・ビジネス賞

COVID-19パンデミックによるスティービー・アジア・パシフィック賞(2020 Asia-Pacific Stevie®Awards)のスケジュール改訂

Posted by Clara Im on Tue, Mar 31, 2020 @ 06:03 AM

世界有数のビジネスアワードプログラムの主催者であるStevie®AwardsCOVID-19のパンデミックが進行中のため2020年(第7回)Asia-Pacific Stevie Awardsのスケジュール全体改訂すると発表しました

APSA20_EXTDL170620_600x300_Japanese

最終エントリー期限が617まで延長されました617までに提出されたエントリーには追加の遅延料金はされず、審査プロセスにおいてらかのペナルティをけることはありません 審査期間629まで延長されThe Asia-Pacific Stevie Awardsのゴールド、シルバー、ブロンズの受賞者は78に発表の予定です。ベトナムのハノイで529予定されてい7回表彰式、現在94に変更されております(場所はハノイで変更ありません)。

The Asia-Pacific Stevie Awards アジアパシフィック地域全体におけるイノベーションを評価す唯一のビジネスアワードプログラムですこのコンテストはジア太平洋地域29か国のすべての組織(組織の大小、営利/営利、公的/私的わずを対象としています

The Asia-Pacific Stevie Awards 、例えそれがどこの職場で達成されたものであってもあらゆる形態のイノベーションを表彰することに焦点を当てていますエントリーは、中国語、英語、インドネシア語、日本語、韓国語マレー語タイ語ベトナム語の8言語で受け付けられており、以下のカテゴリーに分類されています。

その他

2020しい申請方法としてすべてのカテゴリーの実績について、従来のエッセイに代えて最長5分の動画を提出できるようになりました。

地域全体の多数の専門家が審査に参加しゴールドシルバーロンズのスティービーアワードの受賞者決定します

エミー賞やその他の国際的な賞のトロフィーを製作する会社が作ったスティービーアワードのトロフィーは、世界で最も切望されているトロフィーの1つです。スティービーの名前は、ギリシャ語で「戴冠」という意味のステファンという名前に由来しています。

スティービー賞について

スティービー賞はアジア太平洋スティービー賞ドイツスティービー賞、中東スティービー賞アメリカビジネス賞®国際ビジネス賞®、優れた雇用主のためのスティービー賞、女性のためのスティービービジネス賞、販および顧客サービスに関するスティービー賞の8つのプログラムで授与されていますスティービー賞のコンテストには70か国以上の組織から毎年12,000件以上のエントリーがありますスティービー賞はあらゆる種類と規模の組織とそれを支える人々を称え、世界中の職場における傑出したパフォーマンスを表彰しますスティービー賞の詳細についてはhttp//www.StevieAwards.comをご覧ください

* 第7回 スティービー賞(The Stevie Awards)アジア・パシフィック(APSA)2020 のスポンサー企業はadobo magazinePR Newswire Asiaを含みます。

Topics: Asia-Pacific Stevie Awards, スティービー賞, 2020 Asia-Pacific Stevie Awards, アジア太平洋スティービー賞

2020年(第7回)スティービー・アジア・パシフィック賞エントリー受付開始

Posted by Clara Im on Tue, Nov 05, 2019 @ 07:09 AM

「The Stevie Awards」はアジア太平洋全地域のビジネス界の 「革新」を表彰する唯一のビジネス賞である2020年(第7回)スティービー・アジア・パシフィック賞のエントリー受付の開始を発表しました。

APSA_graphic_edit-1-1

エントリー料金が割引される早期応募の締切日は11月27日です。一般応募の締切日は2020年2月6日で、以降は3月4日までは遅延料を支払うことでエントリーできます。エントリーに関する詳細はウェブサイト(http://Asia.StevieAwards.com)をご覧ください。

スティービー・アジア・パシフィック賞は、規模や営利・非営利、公共・民間を問わず、アジア太平洋地域29か国のすべての組織に受賞のチャンスがあります。

本賞はどのような職場での業績であっても、あらゆるイノベーションを表彰することに焦点を当てています。8ヵ国語(英語、日本語、中国語、韓国語、ベトナム語、インドネシア語、マレー語、タイ語)での応募が可能で、応募できるカテゴリーは次の通りとなっています。 年次報告書&出版物企業/団体コーポレート・コミュニケーション&PR/IRカスタマーサービス人事(HR)情報技術(IT)経営マーケティング新製品WEBサイト&モバイルアプリなど。

2020年は、エンターテイメントに関するビデオ、社会貢献に関するビデオ、企業の社会的責任(CSR)に関するビデオ、暮らしぶりに関するビデオ などの動画のカテゴリーが新しく加えられました。

結果は4月8日に発表されます。受賞者が表彰される授賞式は、2019年5月29日ベトナム・ハノイにて開催される予定です。

アジア太平洋地域の多くの専門家が審査に参加し、受賞者を決定します。

過去5年間にスティービー・アジア・パシフィック賞を受賞したアジア太平洋地域最高の革新的な企業と組織は、ABS-CBN、シスコシステムズ(Cisco Systems)、電通(Dentsu)、デルタ航空(Delta Air Lines)、DHLタイランド、フリーランサードットコム(Freelancer.com)、グローブ・テレコム(Globe Telecom) 、香港政府観光局(Hong Kong Tourism Board)KEB HANA銀行、KEPCO、KT、マラスグループ(Maras Group)MSLグループ中国(MSLGROUP China)、オーレドー(Ooredoo)、ペトロキミアグレシック(PT Petrokimia Gresik)、ソウル市(Seoul Metropolitan Government)、シンガポール・パワー(Singapore Power)、ソニー(Sony)Strategic Public Relations Group Limited、テルコム・インドネシア(Telkom Indonesia)VNPT VinaphoneViettelXiaomiなどです。

スティービー賞のトロフィーはエミー賞をはじめとする様々な国際的なビジネス賞のトロフィーを製作している会社が製作しており、世界で最も切望されている賞のひとつです。スティービー(Stevie)はギリシャ語で「王冠」を意味します。

スティ賞について

スティービー賞は、スティービー・アジア・パシフィック賞(Asia-Pacific Stevie Awards)、国際ビジネス(The International Business Awards®)、スティービー女性賞(Stevie Awards for Women in Business)、スティービー・セールス&カスタマーサービス賞(Stevie Awards for Sales & Customer Service)、アメリカン・ビジネス賞(The American Business Awards®)、スティービー・ドイツ賞(German Stevie Awards)、優秀な経営者のためのスティービー賞(Stevie Awards for Great Employers)、【中東】スティービー賞(The Middle East Stevie Awards)の8つのプログラムを運営しています。スティービー賞には毎年70を超える国から12,000以上の組織がエントリーしています。あらゆる形態や規模の組織とその組織をリードする人々を称えるスティービー賞は、世界中の企業の優れた業績を表彰しています。

スティービー賞の詳細については www.StevieAwards.comをご覧ください。

Topics: business awards, スティービー, The Stevie Awards, Asia-Pacific Stevie Awards, スティービー・アジア・パシフィック賞, スティービー賞

香港と海外に幅広いネットワークとインフラを保有するスティービー賞受賞者

Posted by Clara Im on Mon, Jul 30, 2018 @ 06:30 AM

スティービー賞受賞者であるHGCグローバルコミュニケーションズ(HGC)は、香港および国際有線通信をリードする企業です。同社は企業や一般家庭向けのサービスを提供する企業として、香港と海外に幅広いネットワークを所有しており、他の通信事業者に電気通信インフラサービスなどの様々なサービスを提供しています。

Andrew_201710同社は地域、海外、企業、大衆市場向けに本格的な通信データセンターサービス、ICTソリューション、ブロードバンドサービスを提供しています。HGCは2018年のスティービー・アジア・パシフィック賞で3つのスティービー賞を受賞し、業界での成功を証明しました。技術管理イノベーション部門でスティービー賞ゴールド、ブランド・エンターテイメントイノベーション部門でスティービー賞シルバー、メディアイノベーション部門でスティービー賞ブロンズを受賞しました。

HGCは広範囲に及ぶ光ファイバーネットワークを所有し、運営しています。4つのクロスオーバー電気通信ルートは中国本土のティア1通信事業者に統合され、数百もの世界レベルの国際通信事業者とつながっています。同社は現在のインフラにさらに投資して充実させることに尽力しており、同時に最新の技術を導入してインフラサービスとソリューションの開発に取り組んでいます。

HGCは何年も国内外の固定ネットワーク業界でトップの地位を維持してきました。通信事業者のキャリアソリューションプロバイダであり、企業ICTソリューションを提供しています。

国際的な通信事業者、統合システム、複合通信およびデジタル配信の経験、新興市場との緊密な関係など、HGCのすべての能力を組み合わせると、なぜHGCが競争市場で急速に成長しているのか理解できるはずです。例えば、多くの企業が困難で複雑だと考えている場所に光ファイバーを導入して解決策を提示するなど、複雑でカスタマイズされたソリューションを提供する能力があることで知られています。興味深いことに、このように実行しがたいことをHGCが複製する計画だというのです。HGCの目標は、高度な有線通信ネットワーク技術と他社にはないトータルテレコムソリューションを提供し、すべての顧客のグローバルビジネスチャンスを最大化することです。

Topics: The Stevie Awards, Asia-Pacific Stevie Awards, スティービー・アジア・パシフィック賞, スティービー賞, Stevie Winner, スティービー賞受賞者